新車•中古車のご案内Car information 三菱のサポカー | 新車•中古車のご案内

  • ホームへ戻る
  • 新車・中古車のご案内
  • 三菱のサポカー

サポカー補助金が交付されます

Safety Support care 01

Safety Support care 01

サポカー補助金

対応車種について

アウトランダーPHEV、アウトランダー、エクリプス クロス、RVR、デリカD:5(ディーゼル仕様)、デリカD:2、eKクロス、eKワゴン、eKクロス スペース、eKスペース、タウンボックス、ミニキャブバン※1、ミニキャブトラック※1
※1 一部グレードを除く

サポカー補助金について

  • ●令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者及び令和2年3月末時点で満65歳以上となる高齢運転者を雇用する事業者(事業用登録の場合のみ)が対象となります。
  • ●補助金の対象は、審査委員会の審査を経た車両で、補助金額は以下となります。
  • ⅰ.衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」と「ペダル踏み間違い急発進抑制装置」搭載車の場合
    ⇒登録車10万円、軽自動車7万円
  • ⅱ.衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)」搭載車の場合
    ⇒登録車6万円、軽自動車3万円
  • ●補助金の対象車として公表された日以降、新車新規登録(登録車)または新車新規検査届出(軽自動車)された自動車が対象となります。
  • ●補助金の交付を受けた新車については、新車新規登録日または新車新規検査届出日より1年以上の間、原則として同一の者による使用(車検証上の使用者名義を変更しないこと)が必要となります。
  • ●自家用自動車については、補助金の交付は、1人につき1台限りで、法人名義での購入は対象外となります。
  • ●事業用自動車については、法人名義の場合、65歳以上の高齢運転者の人数までが上限となります。
  • ●申請総額が予算額を超過し次第、終了となります。
  • ●車両登録・届出後、一定期間内に審査機関に申請が受理される必要があります。交付決定後申請者に直接交付されます。
  • ※ 制度の詳細や申請手続き等については、今後発表される予定です。

    ※ 申請受付が開始されるまで、領収書等の書類は大切に保管しておいてください。

三菱のサポカー・サポカーS

サポカーとは

Safety Support care 02

Safety Support care 02

セーフティ・サポートカー(サポカー)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

サポカーには大きく2つの種類があります

「サポカー」は、搭載機能に応じて「サポカー」「サポカーS(ベーシック・ベーシック+・ワイド)」に区分されます。

サポカー

自動ブレーキを搭載した車が対象

サポカーS

自動ブレーキに加えて、ペダル踏み間違い時に加速を抑制し、
事故防止をサポートする機能を搭載した車が対象

サポカーSは自動ブレーキの機能に準じて3つの項目に区分されます。

  • ワイド

    • 自動ブレーキ(対歩行者)
    • ペダル踏み間違い時加速抑制装置※2
    • 車線逸脱警報※3
    • 先進ライト※4
  • ベーシック+

    • 自動ブレーキ(対車両)
    • ペダル踏み間違い時加速抑制装置※2
  • ベーシック

    • 低速自動ブレーキ(対車両)※1
    • ペダル踏み間違い時加速抑制装置※2
  • ※1 作動速度域が時速30km 以下のもの。
  • ※2 マニュアル車は除く。
  • ※3 車線維持支援装置でも可。
  • ※4 自動切替型前照灯、自動防眩型前照灯、または配光可変型前照灯をいう。

三菱のサポカーを支える4つの技術

Safety Support care 03

Safety Support care 03

高度に磨き上げてきた予防安全技術 それが

  • 衝突被害軽減
    ブレーキシステム
    [FCM]

  • 誤発進抑制機能
    [UMS]

  • 車線逸脱警報
    システム
    [LDW]

  • オートマチック
    ハイビーム
    [AHB]

●アウトランダーPHEV/アウトランダーの一例です。車種によって機能は異なる場合があります。

  • 1.衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

    運転中にちょっとよそ見をしてしまったら、前のクルマが目の前に!

    レーザーレーダーとカメラにより、前方車両や歩行者を検知。
    衝突の危険があるときは、警報や自動ブレーキで衝突被害を軽減、または衝突を回避して、安全運転をサポートします。
    ※1※2※3

  • 2.誤発進抑制機能[UMS]

    約束に間に合わない!と急いで駐車場から
    出ようとしたら、シフトがドライブになっていた!

    前進時および後退時、シフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑制します。
    進行方向に障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによりアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合は、警報とともにモーター、またはエンジン出力を抑制。
    発進をゆるやかにし、衝突被害を軽減します。
    ※4※5※6※7

  • 3.車線逸脱警報システム[LDW]

    ロングドライブでちょっと疲れた時に、
    車線をはみ出しそうになった!

    カメラにより、前方の車線位置を常に監視。車線を外れそうになると、警報で注意を促します。
    脇見運転などによるクルマのふらつきに効果的です。
    ※8※9※10※11

  • 4.オートマチックハイビーム[AHB]

    街灯も少ない夜道で、前方にいた自転車や人に
    ギリギリまで気づかなかった!

    対向車や先行車、道路周辺の明るさなどの有無により、ハイビーム点灯の可否を判断。
    ロービームからハイビーム、ハイビームからロービームへの切り替えを自動的に行います。
    遠方視認性を高めるとともに、手動操作の煩わしさを軽減します。
    ※11

注記

  • ※1 自動ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約5~80km/h、歩行者に対しては自車速が約5~65km/hのときに作動します。
  • ※2 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。
  • ※3 ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っている時は、作動しない場合があります。
  • ※4 モーター、またはエンジン出力を数秒間抑制し、発進を緩やかにします。
  • ※5 ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。モーター、またはエンジン出力抑制中も、クリープ現象により前進します。
  • ※6 網目状のフェンスや鋭角的な形状のものなど、超音波が反射しにくいものに対しては作動しない場合があります。
  • ※7 誤発進抑制機能は、車両の停止状態を保持する機能はありませんので、周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んでください。
  • ※8 車速60km/h以上で作動します。
  • ※9 ターンレバーをONからOFFにした後、約7秒間はLDWの作動を禁止します。
  • ※10 約260cm以下の狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。
  • ※11 道路状況および天候状態などによっては、ご利用になれない場合があります。

三菱のサポカーのラインナップ

Safety Support care 04

Safety Support care 04

SUVからコンパクトカー、軽自動車まで三菱のサポカーをご指名ください。